もっと良くなる! 夫婦円満の秘訣

相談する

これも、私自身が実践して良かった方法です。

どうだろう。
みなさんは、相手(パートナー)の方に、相談したりします?
意外と、すくなかったりして・・・。


では、なぜ、相談することが良いのでしょう?

それは、自分が相談された時のことを、考えてみてください。

私は、認めてもらっている!
助けを求められるような人間なんだ!

など、自己重要感が高まります。(ほとんど無意識のうちに)
そして、それに、答えようとするのです。


相談することは、自分のためでもあり、相手のためでもあるのです。
そこには、一体感がうまれます。


相手の方を、認めていないと、相談なんかできません。

でしょ?

ということは、相談するということは、認めていることであります。


そして、大抵の夫婦は、自分にない部分、対照的な部分を持っています。
ということは、自分の欠点などを、相手の方は補っているということになりますよね?

なので、相手の方に相談するということは、自分の弱い部分や欠点を、認めることにもなります。
その所を認めたり、目を向けることがなければ、相談することはできません。


逆に、目を向けることができれば、相談し、自分では見えない部分を教えてくれます。
そして、相手の自己重要感も高められ、お互いにいい状態になるということであります。


「あいつは、なにもわかってないから、俺が、ひっぱっていっているんだ!」
「黙ってついてくればいい。」

「あの人に、言っても無駄よ!」「どうせ、ろくなことしか言わないから!」

てな感じだと、無理ですね。(^^;

相手の方を、尊重していませんから。
自分を下げて、相手の方を上げるようにしなければ、相談できません。

でもね。

たまに、自分が求めていることと、全然違うことをいわれる場合もあると思います。(相談した場合)
正直、
「わかってないな〜(怒)、違うんだよ。」
という時もよくあります。(^^ゞ

でも、それも、しっかりと受け止めた方がいいですね。←意外と難しいですが

その時の雰囲気や、話の持っていき方も、考えた方がいいと思います。
いきなりだと、まともに、答えてくれません。(^^;


今まで、相談したことのない人には、難しいかもしれませんが、 変なプライドさえ、持たなければ、いいですよ。ほんとに。

私の所も、今ではこんなことを言っていますが、試行錯誤の連続でした。(今も)
相談することの難しさも知っています。
理屈でわかっていても、なかなかできなかったりします。(^^;

今までしていなかったのに、すぐに、うまくいくようなものでもありません。
うまくいかない時は、アプローチの方法を変えてみてくださいね。


ですが、何回も言いますが、
結構良いですよ。 ← くどいです!

「相談する」という表現が、しっくりこない人は、
「アドバイスを求める」という表現はどうですか?


どんな内容を、相談すればいいのだろう?
と思った方は、
仕事のこと・家事のこと・子育てのこと・性格人間関係悩み将来のことなど、なんでもいいと思います。


これまでの話と、共通しますが、
結局、「なんでも、話そうよ」ということになります。


というわけで、あいかわらず、まとめるのがへたくそですが、終わりに致します。

PS:
 でも、お子さんが小さい方は、なかなか難しいですよね。
子供中心になりますから。(大変な時期です。)
わかります。実感しています。(^^;

でも、話し合って、話す時間をつくってくださいね。
お互い、がんばりましょう♪


さらに、PS:
相談することは、自分を解放することにもなるでしょうね。

 

熱くならない  ⇔  幸せをわかちあう

このページの上に戻る↑

Copyright © もっと良くなる!夫婦円満の秘訣 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy