もっと良くなる! 夫婦円満の秘訣

ほしかったら、先に与えるっ!

前回、「食べること」について少しばかり話しました。
今回は、もう少し突っ込んだ話をする予定でしたが、その前に、話しておいた方がよさそうなことを、思い出しましたので、そちらを話していきます。


いろいろなことで、言えることだと思いますが、大事ですよね。
「話すこと」同様、かなり重要度は高いと思います。

でも、なかなかそういう習慣がない人には、難しかったりします。
私も、その一人だからだったからです。

「あんな風に、○○してほしいなぁ〜」
「なんで、もっと、○○してくれないかな〜」

といった感じで、相手に求めてばかりで、自分はじっとして何もしない。

「相手がしてくれたら、こっちも○○してあげてもいいわよ。」
「だから、先にしなさいっ!」

それでは、不満が募るばかりですよね。
だって、望み通りにしてくれる確率は低いですから。
反対の立場だった場合を、考えてみてください。

どうですか?

あれやこれや、求められてばかりでは、与える気があっても、うせたりしますよね。(^_^;)
最近、それを実感することが、よくあります。

それは、もうじき3歳になる娘と接している時です。
先に、私の
「こうしてほしいっ!」
という欲求を、子供に言っても、聞き入れてくれる確率は、低いです。
(たまに、すんなりいくときもありますが。(笑))

しつこく言っていると、異様に反発してきます。(^_^;)
ですが、自分の欲求をあきらめて、娘が喜びそうなことをやっていると、
その後、すんなり機嫌よく聞いてくれます。

拍子抜けしてしまいますよね。
さっきまで、あんなに「ギャ〜、ギャ〜」と反発していたのに、
「にこにこ」しながら、私にあわしてくれるのですから。

まったく同じことを望んでいたのに、えらい違いです。

その時、つくづく思ったのです。
先に、相手を満たしてあげれることが大事だと。

そうすれば、すんなりお互い嫌な思いもせずに済むんですよね。

「なんや、それやったら、はじめからそうしとけばよかった」
「なんか、損した気分やな」

と、その時は思うのですが、
また、しばらくたつと、同じことをやってしまったりするんですけどね。 (^^ゞ
「あかんやん!」(ダメじゃん!)
まぁ、私の実話を話してみましたが、どうでした?

間違っても強制して、自分の思い通りにコントロールしようとすることは、やめてくださいね。
うまくいっても、一時的なものですから。
そういったことは、あとで、必ず自分に返ってきますので、ご注意ください。
しかも、予期せぬところから・・・。

「先に、与えよう!」

たったそれだけのことで、意外と簡単に、問題が解決したりします。
始めは、遠回りなようでも、実はかなりの近道をしているというわけです。
一度、試してみてくださいね。
私も、習慣になるまで。

実は、以上のことは、「食べること」につながっています。

そこで、次回は、
「先に、与える戦法」で、私が妻に、してやられた方法を事実に基づいてご紹介する予定です。

 

食べること  ⇔  妻にしてやられた方法

このページの上に戻る↑

Copyright © もっと良くなる!夫婦円満の秘訣 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy