もっと良くなる! 夫婦円満の秘訣

ズレると、こんな感じに。(^^;

前回、夫婦関係が、ズレてしまっていると、何をやってもダメなので、
そのズレを修正する方法を話しました。


結局、自分では、相手のことがわからないので、
聞くようにするといい、と。


結構、周りや自分たちのことを考えてみても、
うまくいかない時は、
自分の判断や決めつけで、押し通していることが多いように思います。


では、


ちょっと、今から、
ズレに関しての例を出します。


たとえば・・・

お腹いっぱいで、動けないくらいの時に、


「すごい豪華な食材を使って手料理を作ったから、
 出来たてのおいしい時に、食べて!」


って、言われても、・・・ な感じですよね。


または、


ダイエットをバリバリ頑張っている時に、


「今、めちゃいい肉で、トンカツ揚げたから、熱いうちに食べようや!」
「ビールも、たっぷり冷やしておいたんで、ガンガン飲もうな!」


って、言われても・・・


なぜか、2つとも、食べ物の例を出しましたが、
それは、今、(個人的に)お腹が減っているからかもしれません。(笑)


どちらの場合も、相手に喜んでもらおうと、がんばったわけです。
ですが、相手の状況と、かみ合っていません。


相手からしたら、

「悪いなぁ〜。せっかく自分のためにしてくれたのに。」


と思う場合もあるでしょうが、


「なんで、今なん?」

「今、(私が)どんな状況か、わかってないの?」 ( ̄∩ ̄#


と、気分が悪くなる場合もあるかもしれませんね。

相手は、もっと


「自分をみてほしい」

「自分のことを理解してほしい」

「自分のことを気にかけてほしい」


と、感じるはずです。
または、そのようにみてほしいと思っているはずです。

相手のことを無視してしまうと、
どんなに素晴しい行動だったとしても、
相手からしたら、結局「自己満足」になってしまうんですね。


自分が、「何をしたか」ということよりも、
相手が、「どう思うか」が、コミュニケーションでは、重要だと思います。


なので、相手の気持ちや状況を「聞く」ようにすると、
うまくいくのではないかと思って、私の場合は、聞くようにしています。


まぁ、実際にやってみていますが、結構いい感じですよ。^^


それと、

質問するという感じより、相手のことを「気にかけていますよ」的な
雰囲気がいいと思います。


質問攻めされるのも、心地よくありませんからね。

たとえば・・・

特に、問題がない普段(日常)だったら、


「最近、○○○○のことを考えてて、○○○のように思ったりしたわ〜。
 ●●は、最近どんな感じ?」


または、


「最近、どう?」
「なんかあった?」
「何か、変わったことはなかった?」

結局、人間って、「自分が一番好き」なので、
自分に対して、興味を持ってくれている人には、
話したくなるものだったりしますよね。


それに、心地いいんですよ。


はじめは、反応が悪かったとしても、
興味を持って、意見を聞いたり、質問をし続けていると
徐々に、話してくれるようになると思います。

反応が悪い場合は、まず、自分の話をしてから、聞くといいですね。

まだ、話は途中ですが、長くなってしまったので、
続きは、次回に。


私自身が夫婦関係において、
最近、「大切なこと」だと思っていることから、話していきます。


「定期的なメンテナンス」


 

何をやっても、うまくいかない時。  ⇔  夫婦の定期的なメンテナンス

このページの上に戻る↑

Copyright © もっと良くなる!夫婦円満の秘訣 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy