もっと良くなる! 夫婦円満の秘訣

夫婦の定期的なメンテナンス

前回は、ズレてしまっている例と、相手から、聞くことの話をしました。


さて、今回は、最終章!です。^^


相手に聞くことって、すごくいいですね。
正直、今までの自分に、かなり欠けていた部分ですので、
その効果も、リアルに体感できています。


あと、相手に対して、
自分の中で、何かモヤモヤするような時、
相手に聞いてみると、あんがい誤解だったりするんですよね。


「なんや、そうやったんか〜」
「もっと、早く聞いておけばよかったな。」


と、なったりします。
早期発見、早期治療。(⌒∇⌒)


なので、聞くことって、
誤解を大きくする前に、処理できるので、とても活躍してくれます。


私の場合を含めて、夫婦がうまくいかない時って、
大抵、自分中心だったり、自分の思いこみで、話したり行動したりする。

「きっと、○○○に違いない!」

そして、そのような行動は、
相手を無視したことにもなるので、相手は反発する。


たまに、自分の思いこみが、ジャストミートする時もありますが、
ズレた時のダメージが大きいので、聞くのが一番だと思っています。


こんなこと言ってて、あれなんですが、
実は、聞きすぎるのも良くなかったりするんですよね。(^^ゞ


この辺のバランスは、今はちょっと説明できないので、
また、別の機会があれば、その時に。

ポイントは、「意識を相手に向けること」です。


夫婦がうまくいっていない時って、
大抵、コミュニケーション不足だったりします。


自分(相手)の思いこみだけで、判断していると、
誤解が生じたり、次第に、ズレが大きくなったりします。


ですので、
できるだけ、定期的に、「真剣な話し合い」をすることが重要ではないかと、
最近は、つくづくそのように感じています。


定期的なメンテナンスみたいなものですかね。


それと、真剣な話をする場合は、
自分から、正直な気持ちに、感情を乗せて話すことが、大切です。

でないと、なかなか「まじめな話」になってきてませんからね。


その真剣やまじめな話って、単に正直に自分の考えていることや、
感じていることを、話したり、聞くということです。
深い話ともいう方が、しっくりくる人もいるかもしれませんね。


そんな「まじめな話」も、毎日できるものではないので、
定期的に時間をとって、確認しあうような、感じになると思います。


その定期的メンテナンスの合間の普段では、

「どう?」「最近、どんな感じ?」みたいな簡単な問いかけというか、
相手のことを聞くことを、ちょくちょく入れるといいですね。


それをやっていると、
かなり夫婦の関係は、いい状態になってくると、
うまくいっているのなら、さらに良くなってくる、
そう思って、日々実践しています。


真剣な話といっても、難しい(深刻)顔をして、話するのではなくて、

自分の本音というか、思っていること、考えていることを話し、
相手の本音というか、思っていること、考えていることを聞く、

ということなので、リラックスして楽しむといいと思います。


お酒の好きな人だったら、お酒を飲みながらとか。
コーヒーが好きな人だったら、コーヒーでもいいですしね。


「お互いの心を解放し、確認しあう」


そんな感じです。


あっ、「真剣な話し合い」って、固いというか重い感じがするので、
このメルマガでは、「オープン・トーキング(Open Talking)」
略して、「OT」と名付けましょうか? ^^


理想的には、1週間に一度は、OTしたいところですね。
(早速、OTを使ってみた。^^)


実は、前々回から、この話をしてきましたが、
予定的には、「別の話」をするつもりでした。


ただ、読者の方から、質問をもらったこともあり、
3回に分けて、話してきたんですね。


その「別の話」というのは、
今、自分の中でかなり大きなウエートをしめる考え方です。


ひょっとしたら、この考え方だけでも、
かなり良くなると思っている考え方です。


私たち夫婦のコアな部分の話になると思います。


では、次回に。。。


 

ズレると、こんな感じに。(^^;  ⇔  「2人で1つ」

このページの上に戻る↑

Copyright © もっと良くなる!夫婦円満の秘訣 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy