もっと良くなる! 夫婦円満の秘訣

離婚寸前


今回は、ちょっと暴露します!!


実は、1年半くらい前に、「離婚寸前」になったことがありました。

正直、うまくいっていると思っていましたが、
問題があった時に、ガタガタっと、崩れ落ちるかのように、
夫婦の状態が悪化してしまったのです。

アクシデントに、ズルズルと、
ひっぱられてしまったというような感じでした。

まぁ、何とか、ギリギリのところで踏ん張り、
リバースできたのですが、本当に、やばかったです。

うまくいっているつもりが、
実は、思っているよりも、うまくいっていなかったんですね。(^^;

地盤が弱かったというか。


それで、夫婦関係を立て直すために、いろいろと見つめ直していきました。

その時に、気づいたことを、お話しします。

まず、1つ目が、「もっと、良くなる」ということ。


人は、変化していくものなので、現状維持だけでは、危険かなと。
今よりも1ミリでも良くなるように、
さらなる改善が必要だと感じました。

安心しきって、当たり前になってしまうと、ダメだな、
と思ったわけです。

今が良くても、それに、慢心してはいけないというか。
もっと、もっと、良くなっていこう!
と思うこと、望むことが、大切だと、実感しました。

もう一つは、日常の大切さ。


問題が起きると、普段、表に出ていない感情・想いが出てきて、
問題を悪化させてしまったり、
知らず知らずのうちに、望んでいない方向にいくように、
言動が変わってしまったり。

生きていると、いろいろな問題が起きるものなので、
問題が起きた時は、それを最小限に抑える。
問題にのまれるのではなく、
逆に、それを、プラスに転換するようにしていきたい。

また、自分達の望んでいる方向に、ズレがないかを確認することも、
重要だと感じました。


そのために、日常から望む方向へとコンディショニングしていく
必要性を実感したわけです。


問題が大きくなってからでは、遅いと。

紙に、火がついたくらいだったら、すぐに消せるだろうけど、
山火事レベルまで、大きくなってしまったら、
火を消すのに、かなりのエネルギー・労力が、かかってしまいますよね。
それに、最悪な場合もあったりと、かなり危険です。

だから、問題は小さいうちに、対処していければ、
理想ではないかと思うわけです。


問題が大きくなった時には、
そこそこ、うまくいっている状態でも、
踏ん張ることは、大変だと思うのですが、

もし、日常から、うまくいっていないと感じていたり、
不満に、心が占領されていたなら、
問題があった時に、踏ん張ることが難しくても、
しょうがないようにも思うんですよね。


だから、日々の、比較的なにも問題のない時から、
夫婦の地盤みたいなのを、がっちりと、作っておきたいと。

もし、すでに問題があるのなら、
気づいた瞬間から、一刻も早く、
良い方向へと、向きを変えることが重要でしょう。

早ければ、早いほど、いいと思います。
早期発見、早期治療といいましょうか。


周りの人達でも、問題が大きくなりすぎて、
どうしようもなくなり、離婚した人もいるし、
僕自身も、ギリギリのラインという危ない状況を経験したことで、
問題が小さいうちから、ケアしていくことが、
進んでいる方向を確認することが、
すごく重要だと思ったわけです。

特に、子供がいる場合、離婚や夫婦の関係は、
もろに影響を受けてしまうので、重要度は高いのではないでしょうか?


それで、特に問題がない時から、
良い風に、夫婦関係をコンディショニングしていくこと。

夫婦関係が、望んでいる方向から、ズレてしまっている場合は、
早く気づき、修正していく。

そして、問題を起きにくくすると同時に、
もっと、もっと、良くしていこう!

ということで、
「ある企画」を始めることにしました。

それが、


ふうえんプロジェクト

 

音声版「2人で1つ」  ⇔  感情のコントロール法

このページの上に戻る↑

Copyright © もっと良くなる!夫婦円満の秘訣 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy